×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ヒアルロン酸注射-膝と肩の関節痛にヒアルロン酸が効く

ヒアルロン酸注射と聞くと、顔のシワやたるみをとる注射と思われがちですが、ヒアルロン酸注射は、膝関節や肩関節の痛みをとる効果があるのをご存じでしょうか。医療の現場では20年ほど前から、関節の痛みをとる治療としてヒアルロン酸注射が使われています。関節のヒアルロン酸の役割、なぜ関節の痛みにヒアルロン酸が効果があるのかなど、関節の痛みとヒアルロン酸注射について紹介します。

サイトトップ > 加齢で減少するヒアルロン酸

加齢で減少するヒアルロン酸


体の中のいたるところに存在しているヒアルロン酸は、成長とともに減少していきます。
特に皮膚のヒアルロン酸の量は、40歳後半から加齢とともに減少して赤ちゃんの20分の1になるといわれています。ヒアルロン酸が減少すると、皮膚が乾燥して肌のハリがなくなります。また、関節の中で潤滑油やクッションの役割をはたしているヒアルロン酸が減少すると、関節の動きが悪くなり、痛みを生じることがあります。

食事でヒアルロン酸が補えればいいのですが、ヒアルロン酸を多く含む食材は、フカヒレ、ツバメの巣、すっぽんなど高級食材と呼ばれるものなので、毎日食べることは難しいですね。だから食事の代わりに、サプリメントでヒアルロン酸を補う人が増えています。



ヒアルロン酸の基礎知識一覧