×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ヒアルロン酸注射-膝と肩の関節痛にヒアルロン酸が効く

ヒアルロン酸注射と聞くと、顔のシワやたるみをとる注射と思われがちですが、ヒアルロン酸注射は、膝関節や肩関節の痛みをとる効果があるのをご存じでしょうか。医療の現場では20年ほど前から、関節の痛みをとる治療としてヒアルロン酸注射が使われています。関節のヒアルロン酸の役割、なぜ関節の痛みにヒアルロン酸が効果があるのかなど、関節の痛みとヒアルロン酸注射について紹介します。

サイトトップ > ヒアルロン酸の基礎知識

ヒアルロン酸の基礎知識

飲むヒアルロン酸「皇潤」のCMが始まってから、膝や肩の関節痛に悩んでいた方達が、ヒアルロン酸のサプリメントを利用されるようになって、最近ではヒアルロン酸サプリメントも種類が増えてきました。

1934年に 牛の硝子体から発見されたヒアルロン酸は、海外では目の手術の補助剤やイヌの関節の傷の治療、馬の外傷性関節炎の治療に早くから使われていました。

日本では1987年 「変形性膝関節症」の治療薬としてヒアルロン酸製剤発売され、2年後の1989年 肩関節周囲炎の適応が認められ、2005年 慢性関節リウマチにおける膝関節痛にも適応されるようになりました。

膝や肩の関節だけではなく、今では眼の手術や外科の手術でもヒアルロン酸は使われています。


ヒアルロン酸の歴史と特徴

ヒアルロン酸の歴史ヒアルロン酸は1934年に牛の硝子体から発見されました。海外では目の手術の補助剤やイヌの関節の傷の治療、馬の外傷性関節炎の治療に早くから使われ

ヒアルロン酸の歴史と特徴

ヒアルロン酸の役割

関節のヒアルロン酸の役割骨と骨をつなぐ関節の中には、関節の動きを良くするために関節液といわれるものがありますが、ヒアルロン酸はこの関節液の中に多く含まれ、関節の

ヒアルロン酸の役割

加齢で減少するヒアルロン酸

体の中のいたるところに存在しているヒアルロン酸は、成長とともに減少していきます。特に皮膚のヒアルロン酸の量は、40歳後半から加齢とともに減少して赤ちゃんの20分

加齢で減少するヒアルロン酸