×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ヒアルロン酸注射-膝と肩の関節痛にヒアルロン酸が効く

ヒアルロン酸注射と聞くと、顔のシワやたるみをとる注射と思われがちですが、ヒアルロン酸注射は、膝関節や肩関節の痛みをとる効果があるのをご存じでしょうか。医療の現場では20年ほど前から、関節の痛みをとる治療としてヒアルロン酸注射が使われています。関節のヒアルロン酸の役割、なぜ関節の痛みにヒアルロン酸が効果があるのかなど、関節の痛みとヒアルロン酸注射について紹介します。

サイトトップ > 膝関節痛にグルコサミンとコンドロイチン

膝関節痛にグルコサミンとコンドロイチン

膝関節痛や肩関節痛を緩和する成分として、ヒアルロン酸の他にもグルコサミン、コンドロイチンがあります。

膝の関節痛にはグルコサミンが効くとか、コンドロイチンが効くというサプリメントのCMをみて、どの成分が膝の関節痛にいいの?と迷っている方もいらっしゃるのではないでしょうか

ヒアルロン酸・グルコサミン・コンドロイチンは、関節の3大成分とも呼ばれ、どの成分も関節には必要な成分です。
グルコサミン・コンドロイチンについて説明します。

グルコサミン
グルコサミンは軟骨を作る成分です。
体の中の軟骨細胞はブドウ糖からグルコサミンをつくります。グルコサミンは、細胞と細胞どうしを結びつけるという働きがあり、軟骨 や 靭帯・腱、爪、皮膚などを作っている成分です。

特に 膝などの関節軟骨の細胞の新陳代謝を活発にして、膝の関節痛の原因となる、軟骨の擦り減りを修復する効果があります。

コンドロイチン
コンドロイチンは、ギリシャ語で『 軟骨 』という意味があります。
コンドロイチンも体の中の至る所に存在している成分で、納豆、山芋、オクラ、フカヒレ、スッポンなどネバネバしたものに少量含まれています。

コンドロイチンの働きはヒアルロン酸と同じで、組織に弾力をもたせたり、水分を吸収して軟骨の擦り減りを遅らせ、健康な軟骨の維持して膝関節痛を抑えてくれます。

コンドロイチンはグルコサミンから作られているので、グルコサミンとコンドロイチンは切っても切れない仲といえますね。

グルコサミン、コンドロイチンのサプリメントは欧州リュウマチ学会では推奨されているようですが、日本ではグルコサミン、コンドロイチンの効果について科学的根拠が薄いとして、医師がサプリメントを進めることはなく、が個人の選択に任されているようです。

ヒアルロン酸・グルコサミン・コンドロイチンが全部入った ドラッグほうれん草の楽潤 今なら500円で試せます

膝関節痛の改善一覧